福岡県で浮気調査の依頼をお考えの方へ

福岡の浮気調査は「総合探偵社 福一調査会」にお任せください

「浮気調査は自分でもできるのでは?」と考える方もいますが、探偵は浮気調査のプロなので、素人では集めるのが難しい証拠や浮気相手の情報などを掴むことができます。ここでは、浮気調査を探偵に依頼するメリットを詳しく解説します。

メリット1:調査に気付かれない

浮気調査では、相手に気付かれずに証拠を集めることが大切です。プロの探偵なら、調査対象者に気付かれないように調査できる上に、何を調査しているのか分からないように聞き込みできます。パートナーを尾行していたら近隣住民から不審に思われますが、他人である探偵なら周りの目も気にせずに、調査できることもメリットの一つと言えるでしょう。

メリット2:離婚や慰謝料請求の際に必要な証拠を集められる

浮気をしている人は証拠を隠す傾向にあるため、素人が証拠を掴むのは非常に困難となります。一方で、探偵の場合は離婚や慰謝料請求で有利になる証拠について熟知している上に、高い調査スキルも備えています。自分では掴めない証拠でも、探偵ならスキルを使って証拠を掴めるでしょう。

メリット3:長時間の調査ができる

自分で調査したいと思っても、仕事や育児などで忙しい場合、時間を確保すること自体が難しいケースが多くあります。探偵に依頼すれば、長時間の調査を代わりにできるため、時間がない方は相談すると良いでしょう。

メリット4:浮気相手と別れさせられる

探偵が集めた証拠は、浮気相手と別れさせる際にも役立ちます。証拠もなく、浮気していることをパートナーに問い詰めても認めない場合があるため、話し合う前に浮気の証拠を掴んでおくと素直に認めて浮気相手と別れさせられるでしょう。

メリット5:離婚請求を拒否できる

法律においては、離婚原因となる有責配偶者からの離婚請求は原則として認められていません。そのため、パートナーから離婚を言い渡されても、浮気が原因なら浮気の証拠を掴んで離婚請求を拒むことが可能です。

メリット6:浮気現場を直接見なくていい

自分で浮気調査を行うと、浮気現場を直接見てしまい、大きなショックを受ける場合があります。浮気しているだろうと思っていても、実際に浮気現場を見てしまうと精神的につらい思いをするでしょう。探偵に依頼すれば、結果報告書として浮気の事実を知らされるので、直接浮気現場を見るよりも精神的ダメージが軽減されます。

浮気調査のご相談例

浮気調査の依頼では、主に以下のようなご相談があります。

夫の浮気を疑っていたら離婚を言い渡された

パートナーに離婚を言い渡されてから、悔しさや法的な措置をとるために証拠を掴みたいと依頼するケースがあります。離婚したいと言われる前から浮気の疑いがある場合、早めに相談すると離婚を回避できることがあるため、パートナーの様子に違和感がある時は探偵にご相談ください。

単身赴任の間に妻が浮気しているか確認したい

単身赴任の夫が、自分が不在の時に妻が浮気していると確信して相談する場合があります。夫が単身赴任中に、妻が複数の男性と交際していたというケースもあります。

親権をどうしても取りたい

「浮気する配偶者には子どもを渡したくないから親権を取りたい」というご相談があります。最近では、特に男性のご相談が多くなっています。

出会い系を利用して夫が誰かと会っている

近年はマッチングアプリなどで出会いやすくなっていることから、出会い系・マッチングアプリでの不倫の事実把握を依頼するケースが増えています。
パートナーの様子がおかしいと感じた場合、探偵に相談することをおすすめします。福岡で探偵をお探しの際には、「総合探偵社 福一調査会」にご相談ください。

福岡の浮気調査事例

ここでは、当事務所の浮気調査事例をご紹介します。浮気調査のご依頼をお考えの方は、ぜひご参考ください。

事例1

依頼者プロフィール

氏名:鈴木夏帆(妻)
年齢:20代
職業:専業主婦
家族構成:夫と2歳の長女
婚姻歴:4年
現状:夫が女性と会っている可能性がある

依頼内容

ご依頼者様は、夫の休日出勤が増え、付き合っていた時から浮気しがちだったこともあり、浮気の疑いをもちました。夫には分からないようにメールを全て転送する設定にしたところ、夫が昔交際していた女性とメールのやりとりを繰り返していて、出かける約束をした内容のものもありました。今後のために証拠をとっておきたいと考え、当事務所に依頼しました。

調査結果

ご依頼者様が出かける休日の朝から調査を開始しました。夫は午前中に自宅を出て電車に乗り、数駅先で降車して駅の改札で女性と合流しました。その後、2人はレストランで食事をして、近くのラブホテルに入った姿を確認しました。2人は約2時間後にラブホテルから出てきて、女性と合流した駅で別れました。不倫相手の女性の帰宅先を確認してから、調査終了しました。調査報告すると、ご依頼者様は子供がまだ幼いため離婚は避けたいと考えていて、夫も不倫していたことを認めた上で離婚を望んでいなかったため、夫婦関係の修復に向かうことになりました。

事例2

依頼者プロフィール

氏名:中村賢志(夫)
年齢:40代
職業:会社員
家族構成:妻と小学生の子供1人
婚姻歴:9年
現状:突然妻に離婚したいから別居すると言われ、子供を連れて家を出て行ってしまった

依頼内容

ご依頼者様は、約1ヶ月前に、突然妻から「子育てに協力してくれなかった」ことを理由に離婚したいと言われました。夫であるご依頼者様の仕事が忙しくてすれ違いが多くなってはいたものの、最近は休日に子供の面倒を見ていたため、離婚する理由には思えなかったとのことです。とにかく今は別居したいと言い渡され、妻は子供と出ていってしまいました。友人に相談したところ、浮気しているのではないかと言われたので、別居してからの妻と子供の生活状況も確認するために調査を依頼しました。

調査結果

調査は、平日から休日まで1週間行いました。調査2日目には妻が午前中から外出して、男性と食事や買い物をしていました。その男性とは親しげに会話し、手をつないでいる姿を確認できたため、この日に男性の帰宅先を確認しました。休日には妻と子供、男性の3人で1日出かけていて、子供は男性になついている様子でした。調査最終日の午後に、妻が男性とラブホテルに約2時間滞在していたため、不貞行為の証拠を掴み、調査終了しました。

証拠の重要性について

浮気・不倫の慰謝料請求などをしたいと思った時に、「浮気していたとしても、証拠まで揃える必要はあるの?」「どのような物が証拠になるの?」と気になる方もいるでしょう。以下で、証拠が重要な理由や証拠の例について解説するので、疑問解消にお役立てください。

証拠が重要な理由

浮気・不倫の慰謝料請求は、証拠がなくても行うことが可能です。ただし、相手が不倫の事実を否定した際には、証拠を提示して不倫の事実を立証する必要があります。証拠がなく、不倫していたことを立証できない場合、慰謝料をもらえないため、証拠を掴むことは非常に重要と言えるでしょう。

有利になる証拠の例

浮気・不倫の事実を立証する際に有利となる証拠は、「肉体関係があることが分かる」ものです。一方で、肉体関係があったかどうか分からないものは有効な証拠と判断されにくくなります。証拠の例は、以下をご参考ください。

メールやSNS

メールやSNSでのやり取りは、性交渉があったことが直接的に書かれていれば、証拠として有効です。日常的な会話だけでは、有利な証拠とされにくくなります。

写真や動画

写真や動画では、「性行為やそれに近い状況」、または「ラブホテルや自宅に出入りしている姿」が写っている場合、有利な証拠と判断されます。誰か分かるように、顔がはっきりと写っていることが大切です。

録音データ

パートナーや不倫相手が肉体関係を明確に認めたことが分かる場合、有利な証拠となります。

電話の通話録音

パートナーと不倫相手に肉体関係があったことが分かる通話録音がある場合、他の浮気の証拠と合わせて有効になるでしょう。

領収書・クレジットカードの利用明細

領収書と利用明細の場合、「避妊具の購入」や「ラブホテルや旅館を利用した」ことなどが分かるものだと、他の証拠と組み合わせて浮気・不倫の証拠となるケースがあります。

カーナビの履歴

不倫相手の自宅や職場、ラブホテルなどがカーナビの検索履歴などにあった場合、他の証拠と合わせて浮気したと判断されるケースがあります。

調査会社の報告書

探偵などの調査会社の報告書は、裁判で信用性が高い証拠と判断されることが多くあります。そのため、探偵に依頼してホテルに出入りする写真などを撮れれば、有効な証拠となるでしょう。
上記のような証拠を掴みたい場合、やはり素人が自分だけで集めるのは困難になります。パートナーの浮気調査をお考えの方は、ポイントをしっかりと押さえて調査し、有効となる証拠を集められるプロの探偵にご相談ください。

FLOW
| 依頼方法と調査のながれ |

お問い合わせ
フォームにて
無料相談
まずは当社ホームページより、電話もしくはメールにて現在の状況をご相談ください。調査料金はこの時点で概算をお出しする事が可能です。探偵依頼に関して何かご不明な事があればお気軽にお尋ね下さい。
プランの選択
料金見積もり
の作成
当社にお越しいただくか指定の場所にこちらからお伺いし、面談にてご相談内容の詳細や求める解決の方法などをお聞かせください。
お手持ちの情報を元に調査内容を策定し、ご提案させていただきます。
調査内容が決定しましたら、探偵料金のお見積もりを作成いたします。
探偵業法に基づき、犯罪行為を助長する行為に加担しない為にも調査依頼をされる上で調査を行う目的を必ず確認させて頂いております。
依頼申し込み
調査委任契約書
の説明・契約
探偵に依頼される際は探偵業法に基づいて、必ずご契約が必要であり、いくつかの書類に署名、捺印をしていただく必要がございます。
・調査利用目的確認書
・重要事項説明
・調査委任契約書
・その他調査項目別の説明書
必ずご契約前に調査委任契約書の内容を十分に理解した上でご契約する様にして下さい。
事前調査・調査準備
円滑に
進める準備
ご契約いただいた後、依頼人からいただいた情報を元に調査現場の下見(張り込み場所などの確認、住所確認、対象者の人物確認等)
必要機材の選定、対象者の情報確認(移動手段、通勤ルート等)を行い、調査チームと入念に打ち合わせをし、調査の準備を行います。
本調査開始
専門チームによる
探偵調査
事前調査を経て本調査を開始いたします。
本調査では基本的に2〜5名の調査チームで調査を行うことによって完璧に対象者の行動確認や証拠取りを行います。
聞き込み、情報収集などでは1〜2名で行い、探偵ならではのスキルを使った情報収集力で依頼人が求める情報を収集します。
途中経過の報告
調査中の状況報告
調査チームが本調査を開始して得た情報や証拠類などを依頼人に担当者から途中報告を致します。その際の報告手段は電話やメール等でお伝えする事が可能です。
依頼人によって調査終了時まで報告を受けたくない場合は事前にお伝えしていただければご希望に沿って報告いたしますので予めお伝え下さい。
調査終了
証拠類、
報告書の提出
調査終了後、依頼人に調査報告書を提出いたします。
調査報告書の内容には、対象者の動きが鮮明に記載されており、移動経路や、対象者に動きがあった時間、接触人物の詳細等を細かく記載されております。
証拠となる写真や動画等と合わせて確認する事で調査期間中の対象者の動きを完全に把握する事が可能となります。
解決サポート
問題解決
コンサルサービス
調査を行い得た情報や証拠類を元に問題解決に向けてどの様に行動していいのかわからない方の為に当社では調査後のアフターサポートを行っております。
調査後の問題解決に向けてのアドバイスや専門家の紹介等(弁護士、カウンセラー、司法書士等)も承っております。
問題解決に向けて最後まで依頼人に寄り添い、サポートしていく事をお約束いたします。
契約書類について
探偵業法指定の書面
探偵業における依頼お申込み書類(契約書類)は探偵業法に定められた事項に沿って作成された書式書面である必要があります。重要事項説明書をはじめ、調査委任契約書及び調査利用目的書などが準備されていない探偵業者には依頼しないようご注意ください。また先の書面が発行されないまま依頼をしてしまったときは福岡県公安員会(警察署)へご相談ください。

CONTACT
|お問い合わせ|

お悩み、困りごと、調べたいことは
24時間いつでも調査士がお応えしております

24時間無料見積り(メール無料相談)

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心ください
※送信後48時間以内に返答が無い場合はお電話でお問い合わせください
※お急ぎの方は電話無料相談をご利用ください

    お名前
    ※ご不安な方は偽名でもかまいません必須

    お住まい地域
    ※お住まいの地域を選択してください

    ご連絡先
    ※携帯または固定電話の番号をご記入ください

    メールアドレス
    ※携帯アドレスはPCからの受け取り可能に設定してください必須

    お調べになりたい事柄
    ※できる限り詳しくお聞かせください必須

    現時点での情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせください

    依頼目的、希望・要望、その他
    ※目的やご希望をお聞かせください必須

    希望予算
    ※ご自身が希望する予算

    ご都合の良い時間帯
    ※返答を希望する時間帯をお知らせください

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。

    AREA
    |エリア|

    エリア続々拡大中!
    全国からのお問い合わせに対応致します。
    まずはご相談下さい。