競合他社の裏技!良い取引先と関わる方法|潜入調査体験談

『業績が伸び悩む…』そんな風に悩んでいる最中、競合他社はぐんぐん業績を伸ばしている。なぜあの会社はそんなに上手くいっているのか!?そう思っても、なかなか同業者の人に聞けません。今回は福岡県在住50代男性からの潜入調査体験談をご紹介いたします。

 

競合他社の裏技良い取引先を塚も方法を知りたい体験談

 

【この記事は下記の方に向けた内容です】

・経営者の方
・業績が伸び悩んでいる方
・業績を伸ばしたい方
・秘訣を知りたい方
・経営を軌道に乗せたい方

 

この記事は実際の相談内容を一部変更して掲載していますが、実例のため、本文が長くなっていることがあります。読みやすくするために、要点を赤文字に変更しています

 

【競合他社はどうやって仕事をもらっているのか】

 

同じ時期に起業した競合他社。ここまで差が生まれるには理由が?

 

私は2年前に会社を起業した50代の経営者です。業種はモデルやタレント、アーティストなどのマネージメント業を主としている会社です。一代でこの会社を立ち上げ、妻と二人で切磋琢磨しながら、少しでも業績を伸ばせるようにと頑張っています。まだまだ所属タレントは少ないですが、少しでも彼らにプラスになる仕事を持っていけるようにと日々尽力しています。ですが、現実はなかなか難しく、同じマネージメント会社なら大手の会社に優先的に仕事が回ってしまうことはよくある話です。そのため、おこぼれだけでは難しい状況というのは、若手マネージメント会社のあるあるです。

そんな中、同じタイミングで良く聞くようになった競合他社がありました。そこも、私たちと同じように一代で築き上げた会社のようで、まだまだ所属タレントは少ない様子です。ですが、最近風向きが変わりました。気付けば今話題のタレントたちが、そこのマネージメント会社に所属していて比較的大きな仕事を貰っていたり、私たちの会社とはかなり大きな差が付けられてしまっているのです。何がきっかけでそうなっているのか?取引先に恵まれている理由は?コネがあるのか?気になることで頭がいっぱいです。どうにかこうにか知る方法はないのでしょうか?そう思い、探偵事務所へご相談へ伺いました。

 

 

 

【探偵に競合他社の行動を調べてもらった】

 

納得のいく方法でした

 

同じタイミングで起業していた競合他社なのに、ここまで差が生まれるにはどんな理由があるのか?そこが気になって仕方がなく、今回ご相談させていただきました。今回の調査を行った結果、競合他社のマネージメント会社の営業のうちの1人が毎晩のように飲み歩き、色んな業種の人と知り合い、そこから仕事を持ってきていることがわかりました。そのうちの取引先の1人が、今回驚くほど大きい仕事を振ってくれていたようです。

 

 

 

【探偵に依頼してどう思ったか】

 

見えない努力に支えられていたんだなと頭が上がりません

 

今回調査を行っていただいた結果を見て、正直自分が恥ずかしいなという気持ちになりました。競合他社では何か裏技を使って、秘訣があって、コネがあって、など大きな仕事を得ているものだとばかり想定していました。ですが、実際はそこの会社に真摯に力になろうと頑張っている社員がいてこそのことなのだなと思ったら頭が上がりません。毎日飲み歩くというのは、ただ適当に飲みに行っているだけではなく毎回毎回1人でも多くの人に出会えて、知ってもらえるようにとちゃんとプロモーションをしていました。私たちに足りなかったのはこの行動力とコミュニティに入っていくための人材だと感じました。人件費がかかるから人を雇うのはもう少し会社が大きくなってから…、もう少し所属タレントが増えてから…、など言い訳をして後回しにしていたんだなと実感しました。

 

 

 

【潜入調査を利用した感想】

 

簡単で上手い話などないということですね

 

早速、人件費のことは一旦置いておいて人材募集をかけました。コミュニケーション能力に長けているような人材を育成できるように、精一杯大切に育成をしていくつもりです。私の性格上、リスクを一つでも減らしたいと思う気持ちが先行してしまうので必要なものに投資をすることができていなかったということが今回の主な原因だと感じました。今回調査をしたことで、当たり前の大切なことに気がつくことができました。調査をしないでいたら、なぜだろう?とは思っても、どうせコネがあるんだろう。裏技を使っているんだろう。となぜか卑屈に捉えてしまっていたような気がします。自分の素質にも改めて向き合うことができたような気がします。本当に調査をお願いして良かったと感じています。

 

 

 

【24時間相談窓口】

競合他社の取引先をどうつかんでいるのか調べてもらいたい

自身で競合他社の情報を違法に入手しようとする場合、法的な問題が発生する危険性があります。例えば、不正アクセス、ハッキング、盗聴、スパイ行為などは、個人情報保護法や著作権法、競業禁止法などの法律に違反する可能性があります。また、倫理的な問題をも引き起こす可能性があります。他社のプライバシーを侵害し、信頼関係を損なったり、不正な競争行為を助長したりすることは、企業や個人の評判に悪影響を与える可能性があります。

競合他社の情報を調査したい場合には常に法律と倫理を遵守することが重要です。お困りごとがあれば一度わたしたちにご相談ください。福一調査会では、あなたに寄り添って一番の解決策を一緒に考えていきます。まずは無料相談からお聞かせください。

CONTACT
|お問い合わせ|

お悩み、困りごと、調べたいことは
24時間いつでも調査士がお応えしております

24時間無料見積り(メール無料相談)

※送信した情報はすべて暗号化されますのでご安心ください
※送信後48時間以内に返答が無い場合はお電話でお問い合わせください
※お急ぎの方は電話無料相談をご利用ください

    お名前
    ※ご不安な方は偽名でもかまいません必須

    お住まい地域
    ※お住まいの地域を選択してください

    ご連絡先
    ※携帯または固定電話の番号をご記入ください

    メールアドレス
    ※携帯アドレスはPCからの受け取り可能に設定してください必須

    お調べになりたい事柄
    ※できる限り詳しくお聞かせください必須

    現時点での情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせください

    依頼目的、希望・要望、その他
    ※目的やご希望をお聞かせください必須

    希望予算
    ※ご自身が希望する予算

    ご都合の良い時間帯
    ※返答を希望する時間帯をお知らせください

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。

    AREA
    |エリア|

    エリア続々拡大中!
    全国からのお問い合わせに対応致します。
    まずはご相談下さい。